マンション経営で不動産を効果的に運用する

男性

不動産運用を考えます

資金を得るためにマンション経営を望む方は、デメリットを知ることも大切です。リスクを最小限に止め、収益を上げる取り組みをしましょう。

安定収入になります

不動産

近年の日本社会において物価は上昇の兆しを見せる一方で、高齢者に対する社会保障として運用されている公的年金の支払金額は目減りをしているので高齢化社会における貧困が懸念されています。そのため、将来を見越して安定的な収益源を確保することの重要性を認識した中高年層は、マンション経営に魅力を感じるようになっています。 社会的生活を営むためには住宅が不可欠です。しかし、所有するためには多額の資金を必要とするので、賃貸物件が利用されています。そのため、マンション経営をすれば住民から継続的な収入を得ることが可能になりますから、公的年金の不足を心配する必要がなくなります。また、近年の多くの金融商品と比較して投資額に対して高利回りを得ることが出来ます。

空室では収入になりません

マンション経営をするためには、当然マンションを入手する必要があります。しかし、そのための資金自体が決して安い金額ではありませんから、安易に行える行動ではありません。近年は金融機関の借入金利が低いのでハードルは高くありませんが、家賃収入でローンの返済することを計画している場合は入居者が確保できずに空室が発生すると当然収入はありません。 また、新築当初は設備が新しいことで入居者は多くても、築年数を重ねて劣化した際に大規模な補修を行って住環境の回復を行う必要がありますが多額の費用はマンション経営者が負担する必要があります。更に永続的に入居者が見込める立地として建築した場所が、時代の変遷の中で過疎化する恐れもあります。

一括借上でアパート経営

不動産

サブリース契約は管理会社がオーナーからアパートを一括で借り上げ、入居者に転貸する形のアパート経営で、オーナーは空室リスクなどを回避できますが、十分な利益を上げるにはしっかりした知識や交渉力が必要になります。

Read More...

空き室ゼロの賃貸経営とは

会議

一括借り上げとはアパートやマンションを専門事業者が借り上げ、家賃を支払いながら一般の入居者に転貸するという賃貸住宅の経営方式です。オーナーにとっては部屋が埋まっているか空いているかに関係なく家賃収入が得られるため、安定した経営が保証されます。

Read More...

家賃収入を得よう

男性

アパート経営は、投資金額が大きいうえに、保有物件が一ヶ所に集中するため、その物件の選定眼がとても重要になります。もしも、物件選びに自信がなければ、上場不動産投資信託を保有してみることも選択肢の一つとなります。

Read More...